【バチェロレッテ】杉田陽平の出身大学や年収は?杉ちゃんの芸術作品を紹介。

ニュース

大人気ネット番組「バチェラー」の男女逆転版である「バチェロレッテ」が2020年10月9日に放送開始。

個性的なメンバーが出演する中、個性的で人気を集めているのが、芸術家・杉田陽平さんです。

杉田陽平さんのプロフィールを紹介していきます。

【バチェロレッテ】杉田陽平の出身大学は?プロフィール紹介!!

それでは、杉田陽平のプロフィールを紹介していきます。

  • 名前 杉田陽平(すぎた ようへい)
  • 年齢 36歳(1983年10月28日)
  • 出身 三重県津市
  • 出身高校 三重県立飯野高等学校応用デザイン科 卒業
  • 出身大学 武蔵野美術大学造形学部油絵学科 卒業

芸術家として活動していることもあり、高校・大学共に芸術系を卒業しています。

日本の芸大の中でも「武蔵野大学」は、有名な建築家など多く輩出している優秀な大学ですね。イラストレーターとして活躍しているリリーフランキーさんも武蔵野卒業しておりますね。

大学の偏差値としては、40-55とそこまで難関というわけではないですが、芸術なんで偏差値はさほど関係なく、才能で勝負ということですね。

杉田自身も、飯野高等学校を卒業してから、2年後に武蔵野大学に入学していますので、難しさが伺えますね。

在学中から才能を開花させてきた杉田ですが、

炎上アート集団「じゃぽにか」を結成したことが芸術家の活動の始まりでした。

バチェロレッテ・杉田陽平の年収は?

気になるのは、杉田陽平の年収ですよね。バチェロレッテに出演していることもあり、芸術家としていくら稼いでいるか気になりますね。

基本的に芸術家の年収は、

  • 平均年収 700〜800万円
  • 数十億円or年収ゼロ

と言われていますね。芸術の世界なので売れれば大金持ち、売れなければ1円も生まれないという厳しい世界です。

そんな中でも杉田陽平の年収は推定ですが、

3,000万から1億円の間くらいと言われています。

バチェロレッテが始まる前の紹介インタビューでは、

  • 高く売れるもので1枚300万円ほど
  • 年間100枚の絵が売れる

と答えていました。1枚30万円と考えても5,000万円はいくため、正確な数値は出せないですが、おおよそ3,000万円〜1億円だと考えられます。

バチェロレッテに出る前からも、テレビ番組で取り上げられたり、数多くのコンテストで入選している程の実力者なので、芸術で飯が食えている実力者であることは間違い無いでしょう!!

杉田陽平の作品はネットからでも購入で来ますが、人気のためほとんどの作品がSOLDOUTとなっています。

ネットで買える杉田の作品は、大体20万から50万くらいで販売されています。

  • 2007年 シェル美術賞 中井康之審査員賞
  • 2008年 ARTAWARD TOKYO2008
  • 2013年 FACE損保ジャパン 日本興亜美術賞 入選
  • 2016年 個展「intergalactic」
  • 2017年 個展「絵画の花びら」

など、数多くの賞と、個展を開催しております。

バチェロレッテ・杉田陽平の芸術作品を紹介!!

杉田陽平の作品は、抽象画と呼ばれるもので油絵だけではなく、立体的な作品も多数あります。

杉田のinstagramには自身の作品が大量に投稿されていますが、素人目に見ても凄いな!と思うものばかりでした。

このように、平面ではなく、立体的に作られるものも杉田の作品の特徴。

中にもこんな個性的な作品も。

バチェロレッテでは大人しく控えめな杉田ですが、芸術界では本当に評価されている若手芸術家ということが調べていくとわかってきます。