岡澤セオンの実家は飲食店経営!父親はガーナ人で母親は社長令嬢だった?

東京五輪

東京五輪ボクシング日本代表の岡澤セオン選手。

山形県出身の岡澤セオン選手の実家は、山形市内で飲食店やホテルを経営している社長の息子です。

父親はガーナ人で、母親の方が飲食店経営者の娘で社長令嬢となります。

一体どのような家庭なのでしょうか?

というわけで今回は、岡澤セオン選手の実家や家族について特集していきます!

記事内容はこちら!!!

記事内容
  • 岡澤セオンの実家は飲食店経営!
  • 岡澤セオンの父親と母親はどんな人物?
  • 岡澤セオンのプロフィール

それでは見ていきましょう!!!

岡澤セオンの実家は飲食店経営!

岡澤セオン選手の実家は山形県で飲食店を経営していることが判明しています。

東京五輪ボクシング日本代表が山形県蔵王で合宿を行った際には、

山形市出身のウエルター級代表の岡沢セオン(24)=鹿児島県体協=は、山形市内で飲食店を営む実家への風評被害を案じた。

引用元:スポーツ報知

コロナ渦での合宿であったため、山形市内にある実家には訪問しなかったとインタビューで答えています。

調べてみると岡澤セオン選手の実家の飲食店は

味の店スズラン」という飲食店と言われていました。

味の店スズランを経営する「おかざわグループ」の社長・岡澤英雄さんが、孫が岡澤セオンであることを公言していたため、このお店ではないか?と言われているんです。

食べログの評価も非常に高い海鮮メインの居酒屋でした。

岡澤セオンの父親と母親はどんな人物?

岡澤セオン選手の両親は一体どのようなお仕事をしている人物なのでしょうか?

父親がガーナ人という事もあり非常に気になりますよね!

というわけで岡澤セオン選手の両親について調べてみました!

岡澤セオンの父親はガーナ人!

岡澤セオン選手の父親はガーナ人です!

岡澤セオン選手の父親がどのようなお仕事をしているかは不明でしたが、現在はガーナにいることを岡澤セオン選手が明かしています。

お父さんは今、ガーナにいます。たまに連絡がきます。英語で連絡が来るんですけど、英語はあまり得意ではないのでたまに連絡を無視して怒られています。

引用元:FNNプライムオンライン

またインタビュー内容によると

  • 英語で連絡が来る。

ということですので、もしかすると父親は日本語を話せないのかもしれませんね。

長い期間ガーナに仕事で出張に行っているか、ガーナに駐在している可能性も考えられます。

岡澤セオンの母親は社長令嬢だった!

岡澤セオン選手の母親は日本人です。一般人であるため名前は判明していませんが、おかざわグループの社長令嬢と言われています。

岡澤セオン選手の祖父が岡澤英雄さんであり、その娘がセオン選手の母親となります。

岡澤セオン選手の父親が経営するおかざわグループは飲食店の他にも

  • ビジネスホテル

ホテル経営も手掛けていました。

社長令嬢という事もあり礼儀などもしっかり教える母親の可能性が高いです。

岡澤セオンに兄弟はいる?

岡澤セオン選手には兄弟はいるのでしょうか?

岡澤セオン選手のSNSやインタビューから調査してみましたが、兄弟の存在は確認できませんでした。一人っ子の可能性が非常に高いと思われます。

岡澤セオン選手に兄や弟がいれば見てみたいですね!どの競技をやっていても高いパフォーマンスを発揮していそうです!

実の弟ではないですが、現在駒沢大学1年生の荒竹一真さんのことを弟でありライバルであるとツイートしておりました。

荒竹一真さんと岡澤セオン選手は鹿児島のジムで出会っています。

当時、鹿屋工高に通っていた荒竹一真さんは、高校ボクシングで5冠を達成するほどの実力者で、2人は歳は離れているもののライバルとして切磋琢磨してきたんですね。

岡澤セオンのプロフィール

最後に岡澤セオン選手のプロフィールについて紹介していきます!

岡澤セオン選手のプロフィールですが

名前岡澤セオン
年齢25歳
生年月日1995年12月21日
出身地山形県山形市
高校日大山形高校
大学中央大学

このようなプロフィールになっております。

小学校と中学校ではレスリングをやっていた岡澤セオン選手ですが、高校の時に

ボクシングとの出合いは日大山形高の入学式だった。着崩した学ランに金色の時計、ネックレスを着けた先輩から「ボクシング部に入るだろ」と勧誘された。「怖くて断れなかった」。

引用元:東京新聞

怖い先輩の誘いを断れずにボクシングを始めています。

そこから高校三年生のインターハイで全国5位。中央大学でも国体3位、4年生の時には国体で準優勝をしております。

大学卒業後は大手PR企業に内定が決まっており、ボクシングはやめるつもりだったのですが、後輩が2020年国体開催地の鹿児島県体協に連絡した事で、指導員として岡澤セオン選手にオファーがかかりました。

そこでボクシングを続ける決意をし東京オリンピックの代表までたどり着いております。

この時、鹿児島県体協に連絡してくれた後輩に感謝ですね!

東京オリンピック情報まとめ!選手家族や美女アスリートなど!