橋本聖子の父親の借金は20億円!実家の牧場経営失敗で銀行を破綻させた!?

未分類

東京五輪の組織委員会会長の橋本聖子さん。

彼女の父親は橋本善吉(ぜんきち)さんと言います。北海道では牧場を経営し、競走馬も育てており、オーナーとしてもかなり有名でした。

しかし経営に失敗し借金は20億以上あったと言われています!!

今回は、そんな橋本聖子さんの父親の借金について紹介していきます!!

橋本聖子の父親のプロフィール

出典:https://oumaguro.com/wadainohito/hashimoto-keireki-profile/

まずは橋本聖子さんの父親のプロフィールについて見ていきましょう!

橋本善吉のプロフィール
  • 名前 橋本善吉(ゼンキチ)
  • 年齢 96歳
  • 生年月日 1924年
  • 出身 北海道

橋本善吉さんは、2020年10月19日までご存命でした。

96歳まで生きていたなんてすごいですよね。生前は北海道安平町に住まわれていたようです。

橋本善吉さんはどのようなお仕事をしていたかと言うと

橋本善吉の職業
  • 学校組合の管理者
  • イワシ加工工場の管理者
  • 牧場経営
  • 競走馬のオーナー

橋本善吉さんのおばあちゃんが開拓使だったようで、宮城から北海道に移動されています。

実は最初のビジネスは香川と朝鮮を行き来し、イワシなどの漁業のお仕事をされていたことがわかっています。(参照:4travel.jp)

その後北海道で「マルゼン橋本牧場」を経営。

牧場を経営していたことから牛の買い付けに出会い、「JRAの競走馬・マルゼンスキー」のオーナーにもなりました。

順風満帆な経営かと思いきや借金は20億円以上、、、。

なぜそんなに借金があったのでしょうか!

橋本聖子の父親の借金は20億円!

出典:http://kayama-akio.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-d241.html

橋本聖子さんの父親・橋本善吉さんはなぜそこまでの借金があったのでしょうか。

橋本善吉の借金問題について紹介していきます!!

実家の牧場経営失敗が原因?

出典:https://db.netkeiba.com/horse/000a0003bd/

借金の原因は、実家の牧場の経営の失敗だと言われております。

北海道で「マルゼン牧場」と言う名前の牧場を経営しており、地元・安平町では「牛のハシモト」として有名な方でした。牧場の大きさは東京ドーム20個分もあったそうです!!!

牧場を経営しつつ、知り合いの付き合いでアメリカに行ったときに、ちょっとしたはずみで馬を買い付けることになったようです。

その馬の子供が後の「マルゼンスキー」になるのですが

  • 牧場の経営
  • 競走馬の経営

この2つでうまく行っていなかったようです。

ちなみにマルゼンスキーは怪我して引退するまでに

  • 8戦8勝

と最強最速の馬だったようです。順調のようにみえましたが経営状況は最悪だったみたいですね。

銀行を破綻させていた!

橋本善吉さんは「千歳信用組合」からお金を借りておりました。

借りていた額ですが、千歳信用組合の限度額の2倍の16億円を借りていたようです!!

そのお金を回収できずに、1999年に千歳信用組合は経営破綻してしました。

このような巨額の貸し出しが普通ありえないみたいなのですが、橋本善吉さんが地元の名士であり、既に多額のお金をしているため、経営破綻してしまっては取り返せないと、後に引けなくパンクしてしまったようです、、、。

また

  • 知人から橋本聖子の選挙活動費として、2,000万円を借りていた。

銀行だけではなく、知人からも借金していたことも判明しております。

そのお金も一部返却できず、裁判沙汰になっています。

橋本聖子の父親の借金はどうなっている?

出典:https://jisin.jp/sport/1712374/

橋本善吉さんの借金が残りどれほど残っているかは不明でしたが、橋本聖子さんが払っていることは間違いないようです。

橋本善吉さんが経営していた「マルゼン牧場」すでに他の方の手に渡っているようです。橋本聖子さんの手から離れているようですね。

多額の借金に橋本聖子さんのことが心配になりますが、

  • 参院議員 年収 3,380万円

参院議員の年収として「3,380万円」ももらっています。

借金を返す金額だけはもらっていますが、借金がでかいだけに心配にもなりますね。

五輪組織委員会会長も「月収200万円」もらえるようですが、橋本聖子さんはこのお金を断っているようです。

そこまで借金は残っていないのかもしれませんね。