波物語2021の主催者は韓国人!運営はオフィスキーフ!事業内容は?

ニュース

2021年8月29日に愛知県で開催された野外音楽フェス「NAMIMONOGATARI2021」ですが、超密・ノーマスク・大声を出しての馬鹿騒ぎということで大炎上しております!

さて緊急事態の宣言下で、ルール無視のフェスを開催した主催者・運営者は誰なのでしょうか?

というわけで今回は、波物語2021の運営について特集していきます!

波物語2021の主催者は韓国人!

NAMIMONOGATARI2021を企画運営したのは

主催者
  • officekeef株式会社の代表取締役「鄭 基煥(テイキファン)」

素性は詳しく明かされておりませんが、国籍は日本人では無いことがわかります。

2011年から開催された「NAMIMONOGATARI」をずっと運営してきた方になりますね。

テイキファンさんのインスタグラムを見てみると

北朝鮮、韓国、日本の国旗が!!!

さらに「1978」と書いていることから生まれは1978年ということでしょうか?

テイキファンさんは2021年現在、43歳前後であることが予想できますね!

波物語2021の運営の態度が悪い!と話題に!

またネット上では、NAMIMONOGATARIの運営者の態度が悪いと評判になっております。

フェスに参加する予定だったお客さんが緊急事態宣言を受けてチケットの払い戻しがないか確認したところ、

運営者の回答
  • いや、ですから緊急事態宣言中でもイベントはやってもいいんですよー?ご存知ないんですか?
  • 払い戻しはありませんよ。
  • 同じ質問にはお答えしかねますのでよろしくお願いいたします。では。

チケットを購入して下さっているお客様に対してかなり横柄な態度で接していますよね。

まず運営側でタメ口を使うとかあり得ないですからね。

主催者は県の要請を無視し続けていた!

また愛知県側は、フェスの運営者に対して4回も事前に

県の要請
  • 酒類の提供停止
  • 感染対策の徹底

を呼びかけていたのにも関わらず、フェス側は完全に無視してフェスを企画していたんです。

このため県側は「波物語フェス」はもうこれで終わり。と会見で語っておりました。

運営会社オフィスキーフの事業内容は?

テイキファンさんが経営をしている「オフィスキーフ株式会社」はどのような事業を展開している会社なのでしょうか?

会社の基本情報を見てみると

会社名オフィスキーフ株式会社
代表取締役富永 基煥
設立日2018年2月1日
所在地〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-15-12 ザ・テラス丸の内503
電話番号052-880-7074

名古屋市内に拠点を構える会社でしたね!

さらに事業内容を見てみると

波物語の企画運営以外にも、

他の事業展開
  • ソファーのレンタル事業
  • 広告コンサル
  • アパレル
  • 清掃業・建築業

など幅広く事業を展開していたことがわかっています。

しかしオフィスキーフの事業の中でもとんでもない事業を発見!

運営会社は感染予防対策事業も展開してた!

なんとオフィスキーフ株式会社は感染症予防対策事業も展開しておりました。

感染予防の効果が高まるとされるコーテイングをする事業ですね。レストランやオフィスなどにこのコーティングをする事業でも利益をあげていました。

感染症予防対策事業をしている会社が、感染症予防ができておらず炎上するとは思わなかったことでしょうね。

波物語でクラスターが発生!

なんと波物語2021でクラスターが発生したことが判明しております。

2021年9月7日のニュースによると、波物語2021に参加者の中で14名が新型コロナウイルスに感染したことが判明しました!

これは再炎上すること間違いなしですよね!

さらに9月6日に日別感染者数は東京や大阪を上回り、愛知県が「1190人」とトップの感染者数を記録しております。

クラスターまで発生してしまったとなると余計主催者の謝罪が必須になるのでは?と思ってしまいます。

波物語2021の動画まとめ!密ノーマスク大声で馬鹿騒ぎ!主催者は誰?