「三浦界」に適役無し!?実写化に非難殺到の理由とは!!

未分類

大人気少女漫画の「ハニーレモンソーダ」の実写化映画が決定!!

2021年の夏に上映が決定していますが、その主役である「三浦界」役をラウール(SnowMan)が

務める事に非難が殺到しています。

なぜラウールが務めるのに非難が殺到しているのか、徹底的に調べてみました!

「三浦界」役に適役無し!?実写化に非難殺到!!

2020年9月13日の新聞にて、ハニーレモンソーダの実写化情報公開。

ネット上ではその後すぐに、ラウールの主演について多くの反応が!!!!

どうやら、ラウールが三浦界を演じる事に、非難殺到しているのではなく

三浦界が実写化する事をファンは落胆しているようです!!

漫画の中の「三浦界」は漫画の中で留めておいて欲しいということですね。

実際に、漫画が400万部も売れているので、制作側としては商売チャンスでもあるところ。

ファンのお願いと製作者の意向がぶつかってしまうよくあるジレンマですね。

適役無しと言われるほどの「三浦界」ってどんな役なの?

さて、ここまで実写化を非難されるのは珍しいですが

それほど実写化して欲しくない「三浦界」はどんな役なのでしょうか。

ハニーレモンソーダのあらすじ

内向的な性格からいじめを受けてきた優等生の石森羽花が、街で偶然出会った少年の三浦界に心惹かれていく姿を、爽やかに描いた青春ラブストーリー。羽花と界の恋愛模様だけでなく、羽花が自ら他者とかかわり合いを持ち、成長していく姿も丁寧に描かれる。引用先

  • 三浦界の性格

八美津高校に通う1年生の男子。髪色はレモンを思わせる派手な黄色。好きな飲み物はレモンソーダ。友達からは「塩対応」と言われるほど愛想がなく、滅多に笑顔を見せない。人に媚びる事なく、自分の気持ちに正直に生きており、周囲からは一目を置かれている存在。整った顔立ちをしているため、女子生徒達からの人気が高い。高校入学前、石森羽花が街で小島麗美らのグループにいじめられている場面に遭遇し、助けた過去がある。 高校に進学してから周囲とかかわり合いを持てずにいた羽花に声を掛け、一歩踏み出す勇気を与えた。学校内外問わずキャップをかぶっている事が多く、その大きな理由は寝癖隠しだが、羽花以外には秘密にしている。

つまり、完全にクールな役所ですね。ファンにとっては唯一無二な存在であるため

実写化によってイメージは崩されたくない想いがあるのでしょう。

ラウールさんはすごいプレッシャーを感じる事になりそうですが、

頑張って原作に近づいて欲しいですね。