日本学術会議問題とは?分かりやすく解説!6人を任命しなかった理由とは!?

LIFE

2020年9月、「日本学術会議が推薦した105名のうち、6名が任命されなかったこと」が大きな問題となっているのですが、

そもそも「日本学術会議って何?」「任命しなかったから何が悪いの?」と思う方が多いと思いますので、この問題について分かりやすく解説していきます!!

日本学術会議問題とは?分かりやすく解説!

最初に「日本学術会議」とは何かに触れる前に、この問題についてざっくり分かりやすく説明すると、

  • 日本学術会議 「菅さん〜、これ新しい学術会議員に入ってもらいたい105人やからいつも通り、許可頼みますわ〜」
  • 内閣(首相) 「オッケー見とくわ〜。また任命するわ〜。書類送るし待っててなー」
  • 日本学術会議 「105名の推薦だしたんやけど、なんで99名しか任命されてないの〜?理由説明してや。」
  • 内閣(首相) 「それは教えられへんんわ〜」
  • 日本学術会議 「それはおかしくないか?なんで理由も無しに6名任命しないの?違法やろこれ〜」

これが今回の「日本学術会議問題」の概要となります。菅総理が取った行動が違法なんではないのか?ということで問題が大きくなっていますね。

それでは、順を追って解説していきます!

日本学術会議とは、そもそもどんな組織?

まず「日本学術会議」という組織についてですよね。

日本学術会議とは、分かりやすくいうと「日本の科学を発達させることを目的とした国の機関」です。国民の生活や、行政に科学を反映・浸透させることが目的となります。

要するに、日本にいる87万人の科学者を代表する機関という事になります。この機関の特徴としては、

  • 内閣府の特別機関の一つ
  • 会員数は210名。+連携会員約2,000名。
  • 1949年にGHQの元発足
  • ここの経費は全て国の予算で負担される。
  • 活動は政府から独立して行われる。
  • 任期は6年で、3年毎に半数が入れ替わる。任命は内閣総理大臣からされる。
  • 会員は国家公務員。
  • 予算は10億前後。

というようになっています。国の研究機関というような感じですね。今回は、その会員の入れ替えで問題が発生しているみたいですね。

菅さんのどの行動が違法なの??

実は今回、日本学術会議から出された105名の推薦者リストを菅総理は「見ていない!」と主張しております。

2020年9月28日にリストを見た時点で既に「99名」だったと説明していますね。

それに対して日本学術会議・元会長であり東京大学名誉教授「大西隆名」は、

「学術会議は総理に対して105人を推薦をしている。総理に伝わる前に他の誰かがリストから6人を削ったのであれば、文書の改ざんとなり大きな問題」。法律には「学術会議の推薦に基づいて、総理大臣が任命する」 と規定されていることを踏まえ、「菅総理が105人の名簿を見ていないなら、学術会議の推薦に基づかず任命したことになり、法律の規定に反する」

と述べております。法律では総理の指名って書いてあるのに、リストを見ていないのはおかしいだろ。そもそも105人の名簿で送っているのに、99人しか見てないというのは、誰か文章を改ざんしているだろ!という事ですね。

確かに学術会議の主張はうなずけますよね。

それではなぜ菅総理は今回、「6名」を任命しなかったのでしょうか!?

日本学術会議問題・6人を任命しなかった理由とは!?

なぜ、菅総理もしくは内閣は、6名を日本学術会議員に任命しなかったのでしょうか。任命されなかった6名を紹介していきます。

こちらの6人が今回任命されなかった6名となります。それぞれどんな人か簡単に説明しますね。

芦名定道・「安全保障関連法に反対する学者の会」や、「自由と平和のための京大有志の会」の賛同者

宇野重規・特定秘密保護法を批判。「安全保障関連法に反対する学者の会」の呼びかけ人。

岡田正則・安保関連法に反対。沖縄県名護市辺野古の米軍基地建設問題では18年に、政府に対して反抗することを発表。

小沢隆一・15年7月、国会の中央公聴会で安保関連法について違憲性を主張。

加藤陽子・改憲や特定秘密保護法に反対。「立憲デモクラシーの会」の呼びかけ人。

松宮孝明・17年6月、「共謀罪」の趣旨を含む改正組織犯罪処罰法案を「戦後最悪の治安立法となる」と批判。

全員、国の方針に反対する人ばかりですよね、、、、、、。

政府によって意図的に外されている可能性があり、「学問に人事介入」が起きてしまっている事が問題となっております。

今回外されたメンバーの一人、早稲田大学の岡田正則教授は、

「任命権者(菅首相)に推薦が到達していないのですから、任命拒否はありえない」として、「菅首相の『任命行為の違法性』がますます明確になった」

と主張しています。

【最新】菅総理は、6名排除を事前に把握していた!?

2020年10月12日のニュースによると、菅総理は、「事前に6人が任命から外される事は予め知っていた」事が判明しております。

除外の判断をしたのは、に杉田和博官房副長官ということも判明しています。

首相は105名のリストそのものは見ていないものの、排除の意志は固かったようです。

マスコミなどに質問攻めに遭う中で、「リストは添付していたものの、総理はそれを詳しく見ていませんでした」という風に、菅総理の発言の軌道修正を行ったみたいですね。

しかししっかりとした説明はないため、まだまだ長引きそうな問題です。